ワキガ対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ワキガ対策として香水を使うことのデメリットとは

 

質問

ワキガ対策に香水を使っても大丈夫なの?

 

答え

大丈夫です。しかし、やり方次第では逆効果になります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

香水はいい匂いだから、安易に考えると、それとワキガがちょうどよく中和してくれて、臭いが消えてくれる気がするよね!でも、注意点があるんだ1詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 『蓋をする』のか『ブレンドをする』のか
  • つけたい香水ではなく、『つけるべき香水』をつける
  •  

     

    目次

     

     

    『蓋をする』のか『ブレンドをする』のか

     

    ワキガを隠すために、香水でカモフラージュする発想は、精神未熟であればあるほどすぐに思い浮かぶことである。精神未熟というのは見下した言い方ではなく、普通に自分が中学生の頃などを思い返しても、何かが匂ったら、その匂いの上から更に強烈な匂いで蓋をしてしまえばゼロになる、というような発想をすることは日常茶飯事だった。

     

    ワキガ症対策

     

    なぜならその方法を取ることは簡単だからだ。まるで、何か失敗や不祥事を犯したとき、それを無かったかのようにして表層を取り繕い、実態をひた隠して誤魔化すときに行われる発想と似ている。その様な発想をする人は全て、精神未熟である。

     

    何しろ、安易すぎる。そして、その安易な手段が『バレない』と思っているあたり、視野が狭い。そして自分以外の人の気持ちを想像出来ていない。想像力の欠如だ。思いやりもない。その人が誤魔化されたと知ったとき、どれだけ失望するかということなど考えていない。

     

    それを見抜く力もないと、見下している。従って、その様な安易な手段に走ってしまう人間は、精神未熟ということになる。

     

    ワキガ症対策

     

    子供の頃だったらまだいい。だが、大人になってもまだそうした安易な手段を取ろうというのはまずい。もちろん、ここでいう精神未熟というのは、実に多くの人に当てはまることである。ついこの間も政治家が自分の罪をひた隠し、言い逃れをし、責任転嫁し、誤魔化しきれると過信して越権行為に走り、辞任を余儀なくされたばかりだ。

     

    そう考えると、ここでいう精神未熟というのは、なかなか奥が深い話になってくる。単なる子供のことを指すのでも、単なる思慮浅い愚か者のことを指すのでもない。全ての人間が冷静に立ち止まって考える時間を設けないと、ここでいう思慮深い精神が熟達した『大人』になることは出来ない。

     

    欧米人が香水を使うのは当たり前の常識となっている。しかし、それは単に自身の匂い、つまり体臭をカモフラージュするという目的ではないのだ。カモフラージュという発想がまず根底にない。

     

    何しろ、『ワキガを嫌がる日本人。ワキガを喜ぶ欧米人。』、あるいは『日本人等の黄色人種とと黒人や白人のワキガの割合』でも挙げたように、黒人と白人のワキガ率は、80%以上なのである。

     

    ワキガ症対策

     

    つまり、初期設定の部分で、日本人らとは考え方が違う。もう、当たり前の様に、『その匂い』が自分たちの個性として受け止められている。従って、彼らにとっては我々日本人が『ワキガ』と言う匂い自体が、すでに『香水』なのである。

     

    その香水に、更に市販されている香水をブレンドし、より魅力的な匂いへと変化させようとする。それが、欧米人の体臭と香水への向き合い方、考え方なのである。

     

    ニワトリ

    欧米人と日本人の体臭や香水に関する考え方はだいぶ違うだろうね!黒人はほぼ100%、白人は8割がワキガ体質という中で生活していたら、むしろその匂いが初期設定になるんで、彼らからすれば日本人の方が独特な匂いだよね!

    ぴよぴよ(たしかに)!

    臭いの上から香水をつける発想は、日本人の場合は『蓋をする』イメージだけど、欧米人の場合は『ブレンド』っていうイメージなんだ!これは本当のことで、著者が日本人と外国人の体臭がある人の匂いを嗅いだ時、やっぱりそう感じたんだよ!

    ぴよぴよ(どう感じたっすか)?

    日本人は『香水の香りの奥に、ほのかにワキガ臭を感じる』のに対し、外国人は『香水と体臭が混じって、一つの完成した臭いになっている』っていう印象を持ったんだ。それも、一人や二人のデータじゃないよ!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 黒人と白人のワキガ率は、80%以上なのである。
  • 欧米人が香水を使うのは当たり前の常識。
  • 彼らにとっては我々日本人が『ワキガ』と言う匂い自体が、すでに『香水』。
  •  

     

    つけたい香水ではなく、『つけるべき香水』をつける

     

    だが日本はどうか。カモフラージュではないか。精神未熟な発想の中に生まれた、安易な手段として、臭いの上塗り、臭い物に蓋をする、という考え方ではないか。もしそうだとしたら、そこにいるのは欧米人ほど香水と体臭のブレンドについての知識がない未熟者であり、その未熟者がなせる結果は、未熟な結果となる。

     

    ワキガ症対策

     

    私の知人の女性にも、10代後半の頃、ワキガの人がいた。彼女はそれに気づいているようだった。なぜなら彼女からはいつも、強い香水の匂いがしたからだ。だが、彼女が選んでいた香水の香りは、自分の体臭との相性が悪かった。それらの匂いはあまりいいコラボレーションにはならなかったようだ。香水の香りの奥の方からかすかに香ったワキガ臭が、それを物語っていた。

     

    年齢の若さも手伝って、もしかしたら彼女は『自分が好きな香水』をつけていたのかもしれない。流行の、好きなモデルの愛用する、自分のつけたい香水だ。

     

    だが、必ずしもその香水が自分の体臭と相性がいいわけではない。つけたい香水ではなく、『つけるべき香水』をつけていたのなら、欧米人の様に匂いの洗練されたケミストリー(化学反応)を成立させることが出来たのかもしれない。

     

    ニワトリ

    この話がまさにそのことだね!香水を使って『蓋をする』か、『ブレンドして使いこなす』かが問われているわけだね!

    ぴよぴよ(奥が深いっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • つけたい香水ではなく、『つけるべき香水』をつける。
  •  

     

     

    関連記事

  • ワキガ対策の最重要ポイントは『清潔を保つ』こと
  • サプリや石鹸などのわきが対策グッズは効果があるの?
  • わきがの原因と効果的な対策は?重症度別の様々な治療法とは
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP