ワキガ対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

匂いの発生を防ぐ対策。発酵食品のメリット

 

  • ワキガと食生活の密接な関係性。欧米食が引き起こす弊害
  • ワキガを抑える為の食事のポイント。肉・揚げ物・乳製品・激辛料理
  • 体臭の原因を徹底調査。脂ののった魚や揚げ物
  • 体臭の原因を徹底調査。乳製品と腸内腐敗
  • 体臭の原因を徹底調査。活性酸素と過酸化脂質
  •  

    と併せて考えていきたい。今回のテーマは『発酵食品』、そして『体臭の原因を徹底調査。活性酸素と過酸化脂質』に引き続き、活性酸素が引き起こす弊害についてだ。活性酸素によって酸化されることが何を意味するかを知りたければ、『数時間放置された寿司』を想像すればいい。カウンターで出されてすぐに食べる新鮮な寿司と、数時間放置された寿司。一体どちらが美味しい寿司だろうか。

     

    酸化とは、その様にして『鮮度が落ちる』ということであり、『錆びる』ということである。寿司の考え方からもわかるように、『腐る』という方向であることで間違いないだろう。腐敗した魚の匂いは強烈だ。必ずそこにはハエがたかり、悪臭と雑菌を周囲に撒き散らすことになる。

     

    これがもし、人間の体内でも起こっているとしたらどうだろうか。もし体内で酸化が起きてしまうと、それが腐った魚の様に悪臭の原因となると考えることは、想像にた易いことである。そしてあろうことか、人体の脂質が酸化の影響をもっとも受けやすく、活性酸素によってもたらされた過酸化脂質が病気や老化、体臭の原因となるのだ。

     

    では、それはわかったが、今回のテーマである『発酵食品』というのは、どこにどういう影響をもたらすのだろうか。上記にリンクした様々な記事で、『動物性脂肪が多い食事の過剰摂取は、身体に悪い』ということは説明した。そこに更につけ加えると、それらは『腐敗・酸化しやすい食べ物』だということになる。すると、それら『腐敗・酸化しやすい食べ物』が人間の腸内に入ってくると、腸内でそれらが酸化して、腐敗菌である悪玉菌が増えてしまうことになるのだ。

     

    まとめると、

     

    欧米食等に多い動物性脂肪が多い食事の過剰摂取⇒腸内でそれらが酸化して、腐敗菌である悪玉菌が増えてしまう⇒『体臭をきつくする原因。脂肪分とたんぱく質の分解で出る腐敗臭』に記載したように、悪玉菌とが脂肪やたんぱく質を分解するときに、さまざまな腐敗毒素も一緒に生み出してしまう⇒悪臭の原因となる

     

    ということになるわけである。

     

    ということは、腸内に悪玉菌を増やしたくない。むしろ善玉菌を増やしたいわけだ。そこで役に立つのが『発酵食品』なのだ。

     

    発酵食品は、腸内の善玉菌を優位にしてくれる還元力の高い食品の一つ。

     

  • みそ
  • 醤油
  • 納豆
  • みりん
  • 甘酒
  • 漬物
  •  

    等、これらの発酵食品を積極的に食べることで、腸内に善玉菌を増やすことができ、それを優位にさせることができ、悪臭の原因を改善することに繋がるのだ。

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

  • うつ病
  • あがり症
  • 薄毛
  • 育毛
  • 増毛
  • ED
  • バストアップ
  • コンプレックスの名言
  • カテゴリー

    ↑ PAGE TOP