ワキガ対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

脂肪分とワキガが関係する理由。皮脂とアポクリン汗の動き

 

質問

脂肪分とワキガってどういう関係があるの?

 

答え

摂り過ぎた脂肪分は身体に生息する細菌が分解します。それが酸化すると、ワキガ臭の臭いに繋がります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

脂肪のついた食事って美味しいよね!かつ丼とかハンバーグとかさ!だけど、あまり脂肪分を多く摂りすぎると、ワキガの原因になりかねないよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 脂肪分は細菌のエサとなる!
  • 進化を遂げた人間の悩み
  •  

     

    目次

     

     

    脂肪分は細菌のエサとなる!

     

    ワキガと食生活の密接な関係性。欧米食が引き起こす弊害』にも書いた様に、欧米食の摂りすぎはよくない。なぜなら例えば、下記などの様々な病気の原因となるからだ。

     

    欧米食が招く病気
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • ワキガ症対策

     

    欧米食、つまり高カロリー、高脂肪の食事を摂りすぎることの弊害はそれだけではない。後のことは記事に書いたとおりだ。脂肪分を多く摂りすぎることは、ワキガだけではなく様々な問題を引き起こす種となる。

     

    では、脂肪分が吸収されてから、皮脂やアポクリン汗の成分として分泌されるまでの流れはどうなっているだろうか。『ワキガになる理由はわきの下が細菌の温床だから』にも書いた様に、

     

    わきの下に揃っている条件
  • 豊富な皮脂
  • 湿った環境
  • エクリン汗
  • アポクリン汗
  • 皮脂
  • わき毛
  • 細菌
  •  

    これらの状況が整っているわきの下というのは、まさに細菌の温床。細菌が皮脂等の余分な成分を分解・酸化させて匂いが発生するわけだから、脂肪分が豊富にあるということは、細菌を喜ばせるだけだということを頭に焼き付ける必要がある。

     

    ワキガ症対策

     

    ニワトリ

    まず理解したいのは、欧米食というのはたくさん脂肪分を含んでいるっていうこと!そういう欧米食をたくさん摂ると、やっぱり体にたくさん余分な脂肪分が蓄えられてしまうから、細菌たちが喜んでそれを分解させて、それが酸化するときに匂いが発生してしまうんだ!

    ぴよぴよ(脂肪分は細菌のエサって覚えたらいいっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 欧米食が招く病気を確認する。
  • 脂肪分を多く摂りすぎることは、ワキガだけではなく様々な問題を引き起こす種となる。
  • 脂肪分が豊富にあるということは、細菌を喜ばせるだけ。
  •  

     

    進化を遂げた人間の悩み

     

    まず、肉類などの食物が摂取されると、まず歯で噛み砕かれ、胃に流れる。そして、そこで更に消化等されて腸に流れる。脂肪分は、腸で吸収されると血液に混じって肝臓に送られる。肝臓では、脂肪分が脂肪酸や中性脂肪、コレステロールなどに分解され、再び血液に混じって体内を巡り細胞に達する。

     

    ワキガ症対策

     

    細胞に達した栄養分は、細胞の維持、活動のためのエネルギーとして使われるのだが、このとき、過剰摂取されて細胞で余った脂肪酸や中性脂肪は、改めて皮下脂肪として皮下組織の中に蓄えられる。

     

    この皮下脂肪は、肥満は生活習慣病の原因になるものとして恐れられているが、本来は栄養不足が生じたときのための栄養を保管しておくために機能していたもの。

     

    かつて、原始時代には飢餓が当たり前にあった。例えばクマが、冬眠をする為にその前に蓄えておくように、厳冬の季節でも何でも、飢餓を乗り越えられなければ命が危ない、という環境が普通だったのだ。

     

    今でも動物たちに目を配ると、冬の為に食事を確保できなかった動物が、降り積もった雪の中からわずかに生えている雑草を食べ、何とか生き長らえているシーンがあるが、厳しい冬、そして飢餓を乗り越えられず、力尽きてしまうものが、大勢いるのである。そう考えると、ある種のこの機能は、生きていく為、生き残っていくために人間が培った、サバイバルノウハウである。

     

    ワキガ症対策

     

    ただしこの皮下脂肪は、そういった価値ある機能を備え持つ一方、皮脂腺やアポクリン汗腺の活動を活性化することになる。そして、古い脂肪分から腺体の中で順次、皮脂やアポクリン汗として生成され、排出管がつながった毛穴を伝って分泌されてゆく。

     

    そして『汗臭さの原因は細菌の分解と酸化。汗臭い=ワキガではない』、にも書いた様に、細菌に分解され匂いを発生させることに繋がる。

     

    ニワトリ

    脂肪自体は、本来人が生き残るために必要だった栄養素なんだね!だけど、原始時代から随分時間が経って、人間は『ただ生きるだけ』の人生から、大きく形を変えたよね!昔の人なら匂いなんか気にしなかっただろうね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 過剰摂取されて細胞で余った脂肪酸や中性脂肪は、改めて皮下脂肪として皮下組織の中に蓄えられる。
  • この皮下脂肪は、価値ある機能を備え持つ一方、皮脂腺やアポクリン汗腺の活動を活性化する。
  • その活性化された皮脂等が細菌に分解され、匂いを発生させることに繋がる。
  •  

     

    関連記事

  • ワキガを嫌がる日本人。ワキガを喜ぶ欧米人。
  • ワキガとはわきの下の汗のにおいが原因となって発生する悪臭
  • 脂肪分とワキガ。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
  • ワキガの遺伝率は両親で80%、片親で50%
  • 男性よりも女性の方がワキガが多いって本当?
  • ワキガの原因に大きく関わるアポクリン汗腺とフェロモンの正体
  • ワキガの原因に大きく関わる皮脂腺と分泌量
  • ワキガと便秘の密接な関係性とは
  •  

    コンプレックスに関するその他の情報

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP