ワキガ対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ワキガとはわきの下の汗のにおいが原因となって発生する悪臭

 

質問

どうして人からワキガのような悪臭が発生するの?

 

答え

ワキガを悪臭と考えているのは、人間全体で考えれば一部だけです。その他の地域では、人間の身体の構造が違う為、発する匂いも違い、むしろアジア人らの匂いが独特だと思うでしょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

まあでも、この日本で考える場合、多くの人が『ワキガ=悪臭』って考えているから、デオドラント製品が売れているんだし、ワキガっていう概念があるんだし、悩まされているんだよね!今回はワキガの根本原因について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

簡単に言えば、ワキガとは、わきの下の汗のにおいが原因となって発生する悪臭である。

 

  • エクリン汗腺
  • アポクリン汗腺
  • 皮脂腺
  •  

    の3つの分泌腺が複雑に作用しあってワキガとなる。

     

     

    エクリン汗腺(小汗腺)

    普通、汗をかくというときの汗が、このエクリン汗腺から分泌されるエクリン汗だ。これの総数の量は、少ない人で200万個、多い人で500万個と言われ、個人差がある。また、この汗腺の全てが汗を出しているわけではなく、このうちの『能動汗腺』だけが実際に活動していることになり、およそ半分程度の数。

     

    この能動汗腺の量は、生後3年ぐらいの生活環境に影響されるようで、それが実際の汗の量に影響する。したがって、外気温が高い地域に生まれ育った人は、寒冷地の人に比べて能動汗腺の割合が高くなり、より多量の汗をかいて体温調節をし、暑い地域での生活に対応している。(黒人が一番多いのは、これが理由である)

     

    ワキガ症対策

     

    ニワトリ

    より暑い地域では、より多くの汗をかいて体温調節をしなければならない。だから、他の気候の地域と比べると、汗をかくための汗腺の構造が違うんだ!だから黒人たちは9割以上がワキガ!だけど、それが当たり前だから、彼らにとってはそれが良い香りなんだけどね!

    ぴよぴよ(こういうところにも文化や国の壁があるんすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 外気温が高い地域に生まれ育った人は、寒冷地の人に比べてエクリン汗腺が多い。
  •  

     

    エクリン汗

    99%が水分で、1%の固形物質の大半がナトリウムや塩素、つまり食塩。これ自体に匂いや色はまったくない。体温調節の役割にもなっているこの汗は、phが6前後の弱酸性であり、皮膚の表面の殺菌作用も担っている。

     

    また、皮脂腺から分泌された皮脂と混じりあい、天然のクリームの様に表皮の角質層をしっとりとさせることで、肌の潤いを保てているのも、このエクリン汗のおかげ。

     

    ワキガ症対策

     

    ニワトリ

    エクリン汗から発せられる汗に関しては、ほぼ水分だから無臭なんだ!何の匂いも発さないわけだから、これ自体はワキガの原因ではないんだね!むしろ、天然クリームのような保護膜としての役割も持っているから有難い機能だね!

    ぴよ(ふむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • エクリン汗自体に匂いや色はまったくない。
  • 肌の潤いを保てているのは、このエクリン汗のおかげ。
  •  

     

    アポクリン汗腺(大汗腺)

    エクリン汗腺と違い、数が極めて少なく、下記の周辺などの頭髪以外の硬い体毛の生えているところと外耳道など、限られた部位にしか存在しない。

     

    エクリン汗腺が多い部部位
  • わきの下
  • 外陰部
  • 乳首
  • 肛門
  •  

    腺体はエクリン汗腺の何十倍もの大きさがあるため、大汗腺といわれる。

     

    ワキガ症対策

     

    ニワトリ

    アポクリン汗腺になると、いよいよ匂いの発生しそうな雰囲気がしてきたね!わきの下や肛門だったりと、人に見られたくないような場所には、このアポクリン汗腺があるっていうことになるね!

    ぴよぴよ(エクリン汗腺がワキガの原因じゃないってことは、このアポクリン汗腺が…)?

     

     

    この章のまとめ
  • アポクリン汗は腺限られた部位にしか存在しない。
  •  

     

    アポクリン汗

    エクリン腺と違い、腺体細胞の一部がちぎれたり、離脱したりして、細胞内の物質が吐き出されるようにして生成されるので、塩分は非常に少ないが、下記などの物質を多量に含んでおり、汗自体にに粘り気もある。

     

    アポクリン汗に含まれる物質
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖類
  • アンモニア
  • 鉄分
  • 蛍光物質
  • 色素

     

    匂い自体はまだ無臭だが、この成分には毛穴や表皮に棲息する細菌によって分解されて、特殊な匂いを発生させる物質がたくさん存在している。

     

    また、鉄分や色素が、衣類につけばシミにもなる。この特定の部位を見てもわかるように、これは性ホルモンと関係していたことがわかる。

     

    かつて人間は、『蛾』のように、フェロモンを出して、異性を発情させていた。しかし、人間に発情期がなくなって、目や耳など他の感覚器官から情報を得られるようになって嗅覚が鈍くなり、これらのフェロモンは必要なくなってきた、ということになる。

     

    ワキガ症対策

     

    ニワトリ

    アポクリン汗腺から発せられるアポクリン汗は、毛穴や表皮に棲息する細菌によって分解されて、特殊な匂いを発生するんだね!つまり、この汗自体は無臭なんだけど、細菌によって分解されたときに、特殊な匂いが出るんだ!

    ぴよぴよ(性的なアピールでもあったんすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • アポクリン汗には細菌によって分解されて、特殊な匂いを発生させる物質がたくさん存在している。
  • 鉄分や色素が、衣類につけばシミにもなる。
  • かつて人間は、『蛾』のように、フェロモンを出して、異性を発情させていた。
  •  

     

    皮脂腺

    皮脂腺は汗腺ではなく、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌している腺で、毛を包み込んでいる毛包に必ず付随しているもので、毛髪の発生に深くかかわっている。腺体に詰っている脂肪細胞が作られると崩壊し、古い脂肪細胞として排出管に押し出されるようにして皮脂は分泌される。

     

    その皮脂が毛穴を伝って皮膚の表面に排出され、エクリン汗と混じりあい、皮脂膜を作って皮膚や毛髪に潤いを与えている。

     

    ワキガ症対策

     

    皮脂の分泌を見ると、分泌される脂質の成分が、腺体の中で生成されたときと皮膚の表面に排出されたときでは異なっている。生成されたときの成分は分泌される脂質の15%程度で、残りの85%は、ブドウ球菌をはじめとする毛穴や表皮に棲息する細菌によって分解され、脂肪酸に変化する。そしてこの脂肪酸が、匂いの原因となっている。

     

    ニワトリ

    皮脂腺は他の2つと違って汗の汗腺じゃなくて、皮脂を出す腺なんだね!このおかげで皮膚や毛髪に潤いが与えられているから、メリットもあるね!だけど、やっぱり細菌によって分解されるとき、匂いを発生させてしまうんだ!

    ぴよぴよ(親分が細菌の分解と酸化についてをまとめた、リンクを貼ったっす)!

     

    Check!!
  • 汗臭さの原因は細菌の分解と酸化。汗臭い=ワキガではない
  •  

     

    つまり、アポクリン汗と皮脂が、においの原因となるわけだ。

     

    この2つは成分に、細菌に分解され不快な腐敗臭を発散する匂いの素となる物質を多量に含んでいて、しかも細菌が最も繁殖しやすい毛穴と同じところに出た排出管から表皮に分泌されている。

     

    人が手のひらや足の裏に汗をかくのは、原始時代からの名残である。敵から急いで逃げる為、また武器を握って獲物をしとめる時に、汗をかいていなければ、滑り止めができないからパフォーマンスが落ちる。従って、獲物を前にして興奮したり敵に襲われて緊張した時に発汗することを身につけたのだという。

     

    ワキガ症対策

     

    ちなみに『多汗症=ワキガ』というのは間違いである。これはただ能動汗腺の量が多いだけで、しかもエクリン汗だ。従ってそれだけでワキガということにはならない。だが、ワキガの人が汗っかきであるということから、ワキガの人は多汗症に悩んでいる、という考え方である。

     

    ニワトリ

    やっぱり、エクリン汗自体にはワキガの原因はないんだね!問題はアポクリン汗であり、皮脂腺から出る皮脂。それらが細菌の分解と酸化によって匂いが発生するっていうことだね!これでワキガ臭の原因がどういうものなのかわかったね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    Check!!
  • エクリン腺とワキガの原因アポクリン腺の違い
  •  

     

    この章のまとめ
  • 皮脂腺は毛髪の発生に深くかかわっている。
  • 皮脂が皮脂膜を作って皮膚や毛髪に潤いを与えている。
  • 皮脂が細菌によって分解され、脂肪酸に変化脂肪酸が、匂いの原因となっている。
  • アポクリン汗と皮脂が、においの原因となる。
  • 人が手のひらや足の裏に汗をかくのは、武器の滑り止め機能。
  • 『多汗症=ワキガ』というのは間違い。
  •  

     

     

    関連記事

  • ワキガを嫌がる日本人。ワキガを喜ぶ欧米人。
  • 脂肪分とワキガ。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
  • ワキガの遺伝率は両親で80%、片親で50%
  • 男性よりも女性の方がワキガが多いって本当?
  • ワキガの原因に大きく関わるアポクリン汗腺とフェロモンの正体
  • ワキガの原因に大きく関わる皮脂腺と分泌量
  • ワキガと便秘の密接な関係性とは
  •  

    コンプレックスに関するその他の情報

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ニキビ

    ニキビ

    ニキビのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP